ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

桂川有人に生まれた自信と“まだない”自信 同世代・大西魁斗は手応え

◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップ 3日目(14日)◇大洗GC(茨城)◇7163yd(パー70)

まだ気が早いとはいえ、賞金王争いではトップにいる。実質プロ2年目。レギュラーシーズン本格参戦初年度にして、すでに優勝1回、2位1回。23歳の桂川有人は心境に変化が生まれたようでもあり、そうでないようでもある…。

<< 下に続く >>

ファンの間に名前が浸透してきた実感は「あまりないです」というのが正直なところ。その半面、「自覚は持たないといけないかなと思います。自覚を持って、ギャラリーの方に応えられるような選手にならないといけない」と、ファンあってのプロアスリートの本分もわきまえ始めたきょうこの頃だ。

醸し出す雰囲気は穏やかでも、ターゲットを狙い撃つショットは鋭い。「タフなコースの方が好きだと思います」。木々が重厚なプレッシャーをかける大洗GC。6位から出たこの日は、右ラフからの2打目をピンそば2mにつけた前半6番からの3連続バーディで浮上した。「67」で通算7アンダーは4人が並ぶ首位で54ホールを終えた。

4月「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本」での初優勝で得たものは大きい。「勝てたことで自信は少しついた。良いイメージが出る。それがないと『これを外しちゃうかな…』とか悪い方向に考えやすい」。一方、まだ自信が備わっていないのが、前回見せた“例のパフォーマンス”。大ファンの新日本プロレス・内藤哲也の決めポーズは、まだおっかなびっくりで…。「(優勝したら)やりたいですね。お客さんの反応が怖いんですけど、シーン…となったらどうしよう…」と不安で仕方ない。

奇しくも、上位で桂川と再び争うのは同い年の大西魁斗。「ISPS―」では3位で出た最終日に伸ばしきれず4位に終わった。このムービングデーは単独首位から2バーディ、3ボギーの「71」と落としたが、「この流れでいければ、あしたは結構良いチャンスがある」と手応えがある。

後半15番(パー5)では第2打でフェアウェイウッドを強振。ボールの左側に泥がついていたため、右サイドの池に入るのを警戒して「そこだけは越えよう」とアイアンでのレイアップを避け、距離を出す策を選んだ。不運のシーンも「予想通りの球が出た。パーでしのげて良かった」とマネジメントが奏功し安堵。混戦の最終日に希望を見出した。(茨城県大洗町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!