ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

トップ10での決勝進出は今季初 石川遼、順位は「考える段階でない」

2022/05/13 18:45


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップ 2日目(13日)◇大洗GC(茨城)◇7163yd(パー70)

ウェアが雨水を多く含んだ後半15番(パー5)、3つ目のバーディに大きな安ど感が漂った。1Wショットを右ラフに曲げた石川遼は、2打目をレイアップ。フェアウェイから残り140ydをウェッジでピン右1mにつけた。「流れを良い方向で引き留めるというか、悪い流れを食い止めた」一打が、難しい上がり3ホールの安定にもつながった。

<< 下に続く >>

開始3ホールで2バーディを奪ってからは、チャンスを逃すシーンと、ピンチの場面が連続した。前半4番(パー3)で2mを外して3連続バーディを逃すなど、「ライン読みがなかなか合わなかった」

その反面、後半インではティショットの乱れをショートゲームでカバーした。第1打を左の林に曲げた9番で2打目を刻んでからパーセーブ。12番では花道から、あと一転がりでチップインというようなアプローチでボギーを回避。続く13番は4mのパーパットを沈めて難を逃れた。

3バーディ、ボギーなしの「67」は、“もったいない”、“耐えた”とも言いきれない。「(中盤以降の)ノーボギーはうまくいきすぎ。一方ではもうあと1つ、2つくらいは決められるチャンスはあった。そういう意味では(内容は)数字通りくらい」と冷静に振り返った。

フェアウェイキープ率は42.85%(6/14)と低調。「ドローがなかなか、かからなかった。フェードを打ちに行ったときにはかかりすぎた。傾向的には似ていた」と、最後までボールが捕まり切らなかったという。その状況を把握しつつ、左サイドに罠がある終盤17番、18番では「(球が右から左に)戻ってこなくても良いホール。ドローがかからなくても仕方がない」と“無理に捕まえにいかず”、ティショットが右に流れてもスコアメークを優先した。

通算3アンダー7位は第2ラウンドを終えて今季最高位。トップ10以内で決勝ラウンドを迎えるのは初めてだが、「4日間72ホール、全員がホールアウトして初めて順位が確定する。あと2日間ある。最終日の後半になって、1打でどのくらい(順位が)変わってくるか興味がある。まだ考える段階ではない。あしたも自分のやりたいことをやって、その中でどうなっていくか」。週末も一打と向き合う姿勢は変えない。(茨城県大洗町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!