ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

イップス症状「ほとんど出なかった」 堀川未来夢は前進感じる2位

2021/11/07 18:21


◇国内男子◇マイナビABCチャンピオンシップ 最終日(7日)◇ABC GC(兵庫)◇7217yd(パー72)

収穫のある敗戦と受け止められる。13アンダーの首位から出た堀川未来夢は「71」にとどまり、通算14アンダーの2位で終えた。グリーン上で苦しんだ結果、ツアー2勝目を逃したが、パターで「イップスの傾向」と自認する症状は優勝争いでも抑えられたという。

<< 下に続く >>

伸ばし合いのコースで2バーディ、1ボギーというスコア展開。14アンダーの首位で並んで迎えた13番、1.2mのバーディパットを左に外した。続く14番も4mの上りのラインが左へ。「勝負所で入らなかった」と悔やみ、優勝した浅地洋佑には最終的に2打差をつけられた。

「ただ、“症状”はほとんど出なかった」という。2年前の冬から、得意のパッティング中に思うような動きができないでいる。それがこの日は、優勝争いの緊迫したなかでも以前よりスムースだった。「きのうまでのグリーンよりもツルツルでグリーン上を滑るような感じだった。最初の何ホールかは少し苦戦したが、途中からラインも読めるようになった」

依然として「完成度は70、80点くらい」と満点は付けられない。「でもかなり良さそうな傾向にある。続けていけばいい感じになるのでは」。堀川は毎ラウンドでイップス症状が出た際の対処法を3つほど作ってティオフする。「18ホールを終えて、それが1つ、2つ残っていればいいかなと。きょうは(対処法を)最後まで出すことなくできた。だいぶ良かった」

2021年に入ってからの最高位以上につかんだものもある。(兵庫県加東市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!