ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ノリスに迫った池田勇太 “悔しさとありがたみ”の最終ラウンド

2021/10/17 18:18


◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日(17日)◇琵琶湖CC(滋賀)◇6986yd(パー71)

悠々とトップを走るショーン・ノリス(南アフリカ)に、最後まで食らいついたのは大会2勝の池田勇太。最終組のノリスにプレッシャーを掛け続けたが、4アンダー「67」でもノリスとは4打差の2位。「悪いラウンドではなかったけど、もう少し上を追い詰められるようなバーディ数が欲しかった」と悔しがった。

<< 下に続く >>

前日までと天気は一変。気温は7度近く下がって20度を切り、冷たい北風が吹いた最終日。池田は10番までに3バーディを重ねて上位へと迫っていった。

12番で2打目をバンカーに入れて、この日唯一のボギーを叩いたが「あのショットだけ、唯一きれいにフェアウェイからクラブが抜けた。その分、飛ばなかったというだけの話」と、ミスショットではないという。「それよりも、砂イチできなかったところかな」とバンカーから2.5mに寄せたものの決めきれなかったパーパットに眉根を寄せた。

それでも、「差が開いていたので、僕としては追いかけるだけ」と、エッジから4、5ydに切られたピンを果敢に攻める池田のプレーは、ギャラリーを惹きつけていった。

終盤16番(パー5)はティショットを左の林に打ち込んだが、フェアウェイに戻した後の3打目を、右4ydに切られたピンの右に運んで、きっちりと上りのバーディパットを残した。17番をバーディとした後の最終18番でも、左5ydのピンをドローで攻めて、ピン上2mにぴたり。バーディパットこそ決めきれなかったが、そんなショットの数々にギャラリーはどよめいた。

「結果としてはすごく悔しい結果になりましたけど、やっぱり人に囲まれて打つという幸せを感じましたね」と振り返った池田。「プロゴルファー冥利に尽きるというか、歓声とか拍手を浴びてプレーするというのは、大変ありがたい4日間」と、かつては当たり前だった“舞台”のありがたみをかみ締めていた。(滋賀県栗東市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!