ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

誰が呼んだか“四天王” 金谷拓実の安定感がハンパない

2021/10/07 16:46


◇国内男子◇ブリヂストンオープン 初日(7日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース (千葉)◇7119yd(パー71)

金谷拓実が5バーディ、1ボギーの「67」で回り、首位と2打差の4アンダー8位と上々のスタートを切った。

<< 下に続く >>

当地でのプレーは今大会が初めて。開幕2日前から連日18ホールを回って、コースの情報をかき集めた。左右の林がプレッシャーをかけるレイアウト。「まずはティショットのターゲットをはっきりさせること」と練習ラウンドのポイントも明確だった。

アドレナリンも出て練習時よりも飛んでいた分、ショットでアグレッシブなラインを攻めていく場面もあった。5バーディを先行させ、後半6番が唯一のボギー。「(自分の飛距離では)2オンを狙うようなホールではないと思っていた」という587ydの最終9番(パー5)も「セカンドでユーティリティを持てたので」と2オンにトライした。パーでの締めくくりにも「飛距離も出ているし、良い状態かなと思う。初めてのコースでも初日から良いプレーができた」とうなずく。

現在、賞金ランキング4位。金谷に加え、コンスタントに優勝争いに絡み、賞金レースで上位に立つ木下稜介(2位)、星野陸也(3位)、大槻智春(5位)をひそかに日本人選手の“四天王”と呼ぶ動きもあるとかないとか。

提唱者の堀川未来夢によれば、2年連続賞金王の今平周吾は「殿堂入り」扱い。4人の中でも最年少となる23歳の安定感は群を抜く。長丁場の2020-21年シーズン、国内ツアーの予選落ちはゼロでトップ20を外したことがない。平均ストローク(69.58)、パーキープ率(88.84%)といったスタッツでもトップに立つ。

2週後の日米共催「ZOZOチャンピオンシップ」の切符もかかる一戦。2021年のみの賞金ランキング7位までという枠ではボーダーラインの7位にいる金谷だが、「今週いいプレーをすれば、そういうもの(ZOZO切符)もついてくるし、賞金王にもつながってくる。優勝を目指してプレーしたい」。今大会上位3枠の一番上を狙っていく。(千葉市緑区/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!