ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「日本語しゃべりすぎて疲れました」小平智1年ぶり国内ツアーで好発進

2021/10/07 17:46


◇国内男子◇ブリヂストンオープン 初日(7日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース (千葉)◇7119yd(パー71)

谷口徹宮本勝昌というベテラン2人とのペアリングになった小平智は「逆に日本語をしゃべりすぎて、ゴルフより疲れました」と笑わせた。昨年9月「フジサンケイクラシック」以来となる国内ツアー。同組の選手とこれだけ会話しながらプレーするのも久々だ。リラックスムードの中、「谷口さんとか宮本さんの年齢であれだけ向上心を持ってやっていると、まだまだ負けていられないなって。いい刺激をもらいました」とスイッチも入った。

<< 下に続く >>

14日間の自主隔離を挟み、9月の米下部ツアー「コーンフェリーツアー選手権」以来となる約1カ月ぶりの試合。2つ伸ばして折り返すと、後半5番(パー3)で7mを沈めるバーディ。同じくショートホールの8番でも3mほどのバーディパットを決め、うなずいたのは最終9番。

587ydのパー5は、これまでなら「2打目をスプーン(3W)でいい当たりして、ギリギリ乗るかな」というホールだった。この日の残りは「スプーンと3Iの間くらい。スプーンで(しっかり)当たるとデカいかなって感じ」。2オン2パットのバーディで締めくくり、「66」で首位と1打差の5アンダー3位につけた。

「コーンフェリーツアー選手権」直前にエースが破損した1Wも、同じタイトリスト TSi3 ドライバーをバッグに入れ「成長しているなって感じる。前までのイメージで打っていても、(ドッグレッグで)突き抜けたりしちゃう。もう少しターゲットを変えたりしないといけないけど、(クラブに)違和感はないし、悪くなかった」。飛距離面の進化を実感するフィニッシュに声を弾ませた。(千葉市緑区/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!