ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼の育成プログラム出身 杉浦悠太はアマチュア5人目の快挙へ3差

2021/09/05 07:05


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 3日目(4日)◇富士桜CC(山梨)◇7566yd(パー71)

かねて後進育成に熱心だった石川遼は2017年、自身の基金が運営する大会「ジュニアマスターズ」を新たに設立。若い世代に早くからトップレベルのコースセッティングを経験させるため、男子ツアー数大会の開催前週に同じ会場を舞台にして、学生選手たちを競わせた。

<< 下に続く >>

第1回の優勝者は当時、福井工大福井高の1年生・杉浦悠太。あれから4年、彼は日大2年のアマチュア選手としてプロツアーの最終日に石川を3打差で追うことになった。

初日から3位を走った19歳は「きょうは一番大変だった。粘りました。すごく粘りました」と雨中での18ホールに胸を張った。ラフからチップインさせた6番(パー5)を含めて3バーディを奪い、2ボギーに抑えて「70」でホールアウト。「これまでの2日間と同じ距離が残っても1番手長いクラブを持ったり、ラフからグリーンに届かせられなかったり。でもその中でも(パーを)拾えた」と充実感を口にした。

2019年「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制した金谷拓実以来、史上5人目のアマチュア選手によるツアー制覇の夢。倉本昌弘、石川、松山英樹とも肩を並べるチャンスが手の届くところにある。

5月の「ダイヤモンドカップ」では首位スタートを切るなど、堂々のプレーぶりが光る。「自分のゴルフをして優勝できたら」と臆する様子もない。4年前、石川のジュニア大会の最初のラウンドが行われたのはここ、富士桜だった。(山梨県河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!