ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

パー5/パー4計画は中止に 戸張捷氏に聞く“ホール使い分け”の意図は

2021/09/01 18:03


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前(1日)◇富士桜CC(山梨)◇7566yd(パー71)

富士桜CCでの大会は今年、3番ホールをラウンドごとにパー5とパー4で使い分ける(7566ydパー71/7476ydパー70)と発表していたが、開幕前日に前年同様パー5で実施することを決めた。大会主催者、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の競技担当者らと直前の現地視察でプラン変更に至った。

<< 下に続く >>

大会ゼネラルプロデューサーの戸張捷氏によると、練習ラウンド中にパー4設定の480ydのティイングエリアを使用した場合、フェアウェイ内の右サイドに位置する大木に第1打を当てるケースが続出した。「きょうも見ていると、木に当たって戻ってしまう選手がいた。距離が長いホールのため、打てるスペースを確保しないとまずい」と、大会のセッティングを担当する細川和彦と最終決定を下した。

ただし、来年度以降については「今の選手の飛距離で言うと、できればパー4で」という思いがある。木を切る、あるいはフェアウェイの左サイドを広げてセーフティエリアを確保する方法を模索していく考えだ。

パー5とパー4の併用計画は断念したが、今年も競技に新たなアイデアを添える。グリーン手前に池が構える212ydの7番(パー3)で、前方のティイングエリアも使用する予定。表示は124ydでも、さらに短い距離設定を追加するつもり。「90ydから100ydのあいだで、ピンは手前に切る。そうするとショートアイアンになるほど難しい」。短いクラブで放たれたボールは、バックスピンで戻り池に入るリスクが高まる。スピンコントロールの技術を選手に問う。

ところで、戸張氏が大会に毎年新しい仕掛けを施すきっかけになったのが、2008年の「全米オープン」だった。トーリーパインズGCで行われた大会は14番パー4で選手に1オン挑戦を促すように300yd台前半のラウンドを設けた。

ヤーデージの試合中の大幅変更は当時としては画期的で、コースセッティングを担当していた全米ゴルフ協会(USGA)前最高責任者のマイク・デービス氏との会話が印象的だったという。「『ピンの位置は毎日変える。ティだって、コースの長さだって変えていいはず。ゴルフコースをフルに使って、選手の持つスキルを引き出させる』。そうしていかないとゴルフの面白さは出ないという話をした」。4日間72ホールをプレーするトッププロに頭を使わせて、トーナメントの魅力を膨らませている。(山梨県河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!