ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

20代“ラストゲーム” 石川遼が見据える30代とその後

2021/09/01 16:24


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前(1日)◇富士桜CC(山梨)◇7566yd(パー71)

石川遼は今月17日(金)、次戦「ANAオープン」(北海道・札幌GC輪厚C)の2日目に30回目の誕生日を迎える。今大会は20代として成績が残るラストゲームだ。

<< 下に続く >>

この年齢になればバースデーに一喜一憂することもなく、「心境に変化はないですね」と淡々。「28(歳)から29になるよりは、29から30のほうが違いが大きいような気もしますけど、同じ1年。30歳になったら(球がいきなり)飛ぶようになったらうれしいけれど。そんなこともない」と笑った。

16歳で始めたプロゴルファー生活は、早くも人生の半分に相当する。見据えるのは次の10年、20年。「今の男子のゴルファーの現役選手の年齢を見ると、体がしっかりしていて、フィジカルが良ければ40代の後半でも良いパフォーマンスを出せる選手はいる」。一部のプロ選手の“寿命”は延びる昨今、5月の「全米プロ」ではフィル・ミケルソンが50歳で勝った。今年に入って体を一回り大きくしたのは、改造中のスイングと、ベテランと言われるような時期に備えたものでもある。

アマチュア時代も含めて10代で9勝を挙げた。PGAツアーにも身を置いた20代は8勝で、腰痛と戦う時間も長かった。「けがをしない体を作ることが一番。より良い体にしていくことが今後の5年、10年は、今まで(の5年、10年)よりもさらに大事になる」と、長いあいだ第一線でプレーする覚悟だ。

2009年から2連覇し、今年節目になる大会は上り調子で迎えられる。直近の「Sansan KBCオーガスタ」では1打差の2位、今季最高位で終えた。「スコアが気になる状況でもやるべきことに集中したい」と前週と同じ精神状態で富士桜を歩く。(山梨県河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!