ニュース

国内男子長嶋茂雄招待セガサミーカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼がアイアンを変更 キャビティバック回帰「ブレ少ない」

2021/08/19 18:12


◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ 初日(19日)◇ザ・ノースカントリー(北海道)◇7178yd(パー72)

石川遼が約2年半ぶりにアイアンを変更した。2019年のはじめに投入したキャロウェイのAPEX MB プロトタイプから、APEX TCB(5番から9番)にスイッチ。世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)や、「東京五輪」金メダリストのザンダー・シャウフェレが使うキャビティモデルだ。

<< 下に続く >>

ニューモデルの存在はかねて知っていたが、実際に本格的なテストを開始したのは今大会の開幕2日前から。その日のコースチェック中にメーカー担当者が急きょクラブを組み、前日のプロアマ戦で初めてラウンドで使用した。

昨年から取り組んでいるスイング改造は、打球を上下左右に操ることよりも直進性を重視してきた。アイアンショットも実際の曲げ幅が小さくなっていたことから「マッスルバックの良いところを使い切れていない」と再考。久々のキャビティバック型に「左右のブレ、縦距離のブレが少ない、優しさを少し感じる」と好感触を得たという。

7月初旬の「日本プロ」から1カ月半ぶりの実戦ラウンドは3バーディ、ノーボギーの「69」。3アンダー27位での滑り出しに「アイアンは微調整を加えて(勝負は)来週かなとも思っていたが、すごく良い仕事をしてくれた」と納得した。

2年越しのディフェンディングチャンピオンとして、首位と4打差のスタートは悪くないポジション。「バーディチャンスをもっと多く作るのがあしたからの課題。日本プロの時は4日間のうち3日間は悪くなかったが、1日が良くなかった」と、より高いレベルでの安定感を自分に求めた。(北海道千歳市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 長嶋茂雄招待セガサミーカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!