ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

「見たことのない世界へ行ってみたい」 比嘉一貴が追う偉大すぎる先輩

2021/05/15 07:18


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 2日目(14日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

「すごすぎて、どうやったら同じフィールドに立てるんだろうって思いますよね」。比嘉一貴が仰ぎ見る松山英樹の背中は大きく、遠い。東北福祉大の先輩の偉大さを知るからこそ「時間の問題だとは思っていました」というメジャー優勝の快挙もスケールが規格外で、なんだか距離感がつかめない。

<< 下に続く >>

過去にはスコア誤記によるQT失敗にもめげず、アジア下部ツアーに戦いの場を求め、その後の日本ツアー優勝にもつなげたファイティングスピリットの持ち主。だからこそ、「見たことのない世界へ、僕も行ってみたい」と思いを募らせる。

後半6番から3連続バーディと終盤にたたみかけた「68」で、首位と1打差の通算7アンダー3位に浮上した。3連続のひとつ、アイアンショットをピンそばに絡めた7番(パー3)を振り返って「左ピンのワンピン(約3m)右くらいを狙ったのが、ピンより左に出て。狙ったところではなくて(バーディは)ラッキーだったけど、ミドルアイアンから上でそういう出球の違いがあって不安です」と渋い表情。“結果論”で片づけない気質は先輩とも共通している。

優勝すれば7月の海外メジャー「全英オープン」(イングランド・ロイヤルセントジョージズGC)の切符も手に入る一戦。「早く行きたいなという思いがある。これで優勝できたら一番早い。このチャンスを逃さないようにするには、それこそ不安材料を消していかないと、どこかでボロが出る」。足掛かりを得るための大事な週末を前に気持ちを引き締めた。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!