ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

57万910円足りず…公傷適用の高山忠洋はシード喪失「実力不足」

2021/05/14 19:50


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 2日目(14日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

43歳の高山忠洋が通算7オーバー116位で予選落ちとなり、16年間守ってきたシード維持に失敗した。

<< 下に続く >>

初日「77」の出遅れが響き、「実力不足。今週は最悪の状態で入ってしまった。昨日はパーオン3回。全力を出しても5オーバーだった。プロゴルファーなら、調子がいいときは誰でもいいスコアを出せる。悪いときにどれだけ抑えられるかが、本物の実力だと思っている」と悔しさいっぱいに受け止めた。

2018年の夏に中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症という目の網膜剥離でツアーを離脱。同年冬に手術を受け、昨年9月に特別保障制度(公傷)を利用してカムバックを果たした。与えられた9試合のチャンスだったが、最後は57万910円足りなかった。

27位だった今年の初戦「東建ホームメイトカップ」(4月)は1選手が新型コロナウイルスに感染したため競技が短縮。2週後「中日クラウンズ」は3位タイに食い込んだが、こちらも初日の大雨で54ホールとなって賞金ランキングへの加算額は当初予定の75%に減額された。

「そこはもっとも過酷でした」と吐露しつつ、「こうやってトーナメントに出してもらって、ありがたみを感じて、ここまで挑戦できたのは収穫になった。(今後)出られる試合があれば、頑張るしかない。底力をもっと上げていかないと」と必死に顔を上げた。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!