ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

連日のアマチュア首位 星野陸也「壁になることができたら」

2021/05/14 19:33


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 2日目(14日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

7月の海外メジャー「全英オープン」(イングランド・ロイヤルセントジョージズGC)出場へ今大会の優勝がノルマとなる星野陸也が通算7アンダーで1打差3位に浮上した。

<< 下に続く >>

1イーグル7バーディ、2ボギーの「65」は、首位タイのアマチュア・杉原大河(東北福祉大)と並んでこの日のベストスコア。初日の杉浦悠太(日大)に続いてアマチュアがトップに立つ展開に、ツアー4勝の25歳は「優勝目指して、まず最終日最終組で回れるように。アマチュアの“壁”になることができれば」と笑顔でプライドをにじませた。

前半7番(パー3)で8mを沈めると、8番(パー5)はサンドウェッジのアプローチをねじ込むチップインイーグル。後半10番、15番でも8mほどのバーディパットを決めるなど、グリーン上がさえた。「きのうはショートしたり、オーバーしたり、パットの距離感があやふやだった。やっとタッチが合ってきた」

茨城・水城高時代の2014年「関東ジュニア」で大会連覇を果たしたコース。2位の小斉平優和に5打差をつけ、ただ一人3日間をトータルアンダーパーにまとめたのはちょっとした自慢だ。

「難しいコースほど燃えてくる。もちろん(全英に行くために)優勝を狙って来てますけど、思い出のあるコースで楽しんでプレーできてるんですよね」。全英切符を勝ち取り、次週の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」(サウスカロライナ州・キアワアイランドゴルフリゾート)に乗り込む青写真を描く。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!