ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

15番で“足が止まった”谷口徹 それでも「明日はまだワンチャンある」

2021/04/24 19:30


◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 3日目(24日)◇有馬ロイヤルゴルフクラブ ロイヤルコース(兵庫県)◇7103yd(パー71)

首位から出た53歳の谷口徹は、3バーディ、2ボギーと1つ伸ばして通算11アンダーとしたものの、1打差の4位に後退。足取りも重く、クラブハウスに引き揚げてきた。

<< 下に続く >>

途中までは快調なプレーを見せていた。10番(パー5)では上井邦裕をアウトドライブして「写メを撮りたかった」と笑わせたが、8Iを握った15番(パー3)で想定外の引っ掛けが出てボギーとした。

「なんでもないホールなんだけど…。50(歳)を超えたらあるんですね。どこで来るかわからない」と、突然襲ってきた身体の異変を悔しがった。「軽く打とうとしたから、足が止まったのもあるかも。踏み込みとか、スムーズにシフトしないとダメだから…」

ホールアウト後は「最後は足がもつれて、良いショットが出なさ過ぎて悲しかったです」とちょっぴり寂しそうだった谷口。それでも「不甲斐なかったけど、明日はまだワンチャン(ス)あるので頑張ります」と、残り18ホールに期待を込めた。(神戸市北区/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!