ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

プロデビュー5戦で2勝 金谷拓実は松山英樹の軌跡をたどる

2021/04/19 09:35


◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(18日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

また一つ、松山英樹の軌跡をたどるかのようだ。今春に東北福祉大を卒業したばかりの金谷拓実がツアー3勝目(アマチュアだった2019年「三井住友VISA太平洋マスターズ」含む)を挙げた。

<< 下に続く >>

在学中の昨年10月にプロ転向してからは、国内ツアー5戦で2勝。松山も2013年、プロデビューから国内5戦で2勝(「つるやオープン」と「ダイヤモンドカップ」)をマークしている。

金谷はここまで5戦全てでトップ10入り。松山は7戦目の「ミズノオープン」で予選落ちするまで、6試合続けてトップ10を外さなかった。

松山は同年に4勝を挙げ、賞金王に輝いた。金谷は今回の優勝で2020-21年シーズンの獲得賞金を5589万5000円まで積み上げた。後続に1478万2442円の差をつけ、ランキングトップに浮上した。ルーキーイヤーで賞金王になれば、松山に次いで史上2人目となる。

大学では7期後輩。「アジアパシフィックアマ」を制して海外メジャー「マスターズ」に出場、国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝、世界ランク1位などアマチュア時代はまさに松山の影を踏んできた。2020年に輝いた年間最優秀選手に相当する「マコーマックメダル」は松山も手にしていない。

プロ9年目で日本人男子初のメジャー制覇を達成した松山は遠い存在なのか、それとも身近な目標なのか…。金谷は記者会見で、マスターズ優勝後に松山から2人で東京五輪代表になろうと電話で言われたと明かす一方、「松山さんはすごい選手なので、比べられるようなプレーヤーではない。頑張って、いいプレーヤーになりたい」と強調した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!