ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】フェアウェイに乗せる方が、パターより易しいですよ

2009/07/25 18:50


「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」最終日を単独首位で迎えるのは、47歳のベテラン、井戸木鴻樹だ。身長167センチと小柄な体躯。やはりパワー不足は否めず、ドライバーの飛距離ではハンデを負う身だ。その中で、井戸木の最大の武器は正確無比なドライバーショット。フェアウェイキープ率では、2002年と2003年、さらに2005年から3年連続で1位に輝く、日本ツアー屈指のスインガーだ。

今週もフェアウェイを外したのは、2日目が1度、3日目が2度と驚きの数字。不調が続いていたパターも復調の兆しを見せ始め、3日間を通して1ボギーと安定したプレーの礎となっている。その井戸木が、的確にフェアウェイに運ぶ秘訣を語った。

<< 下に続く >>

「フェアウェイって30ヤードはありますよね。センターに真っ直ぐ狙うと、左右15ヤードの幅しか使えない。僕はスライス打ちなんですが、フェアウェイの左端を狙えば30ヤードの幅が使えるでしょ」。もちろん、狙い通りの方向に正確に打てる技術があってこその話。20年ほど前、飛距離不足を補うためにドローの練習も試したが、そこで左手首を傷めてから「もう一生やめよう」と心に誓ったという。ドローの誘惑に負けず、長年フェード一筋で練習を積んできた賜物とも言えるだろう。

近年はパットに悩んでいたことを踏まえ、「フェアウェイは幅が30ヤードもあるんですよ。パターより易しいですよ」とサラリと言いのけた。ドライバーが苦手なアマチュアの方々にとっては、何とも次元の違いを感じる言葉だ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!