ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

井戸木鴻樹が16年ぶりの勝利に王手! 石川遼は急浮上

北海道にあるザ・ノースカントリーGCで開催されている、国内男子ツアー第8戦「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の3日目。午前中に降っていた雨も正午前には止み、グリーンが軟らかくボールが止まりやすい状況下、多くの選手がスコアを伸ばす展開となった。

通算13アンダーで単独首位に躍り出たのは、2位からスタートした井戸木鴻樹。4バーディ、ノーボギーの内容で、うち3つはパー5でマーク。飛距離ではハンデを負う井戸木だが、「2打目を刻んで、ショートアイアンで狙うのが僕のゴルフ」と、持ち前の正確なショットを駆使し、チャンスホールで着実にバーディを奪った。2位に3打差をつけて迎える最終日、ほぼ16年ぶりとなる優勝にあと一歩まで迫っている。

通算10アンダーの2位タイに、宮本勝昌藤田寛之、梶川剛奨、金亨成(韓国)の4人。単独首位からスタートした宮本は、前半は4ボギーと順位を落としたが、後半に4バーディとナイスカムバック。「待つしかないと思ってプレーしていました。その甲斐がありましたね」と笑顔を見せていた。

中嶋常幸は、片山晋呉谷口徹らと並び通算8アンダーの9位タイ。カットラインぎりぎりとなる46位タイからスタートした石川遼は、3連続を含む7バーディ、3ボギー。通算6アンダーの22位タイに大きく浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!