ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

アマ河本力 ルール違反に「子どもでした」

2020/10/18 19:54


◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日(18日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇7317yd(パー70)

第1回の1927年大会以来のアマチュア優勝がかかっていた20歳の河本力(日体大3年)は最終ラウンドを4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「70」。優勝スコアに3打及ばない通算2アンダーの5位で終え「まだまだでした」と肩を落とした。

<< 下に続く >>

最終ラウンドの直前に第3ラウンドでの違反により2罰打を科され、スタート時の順位はトップと1打差の4アンダー2位から2アンダー3位に変わった。

前日13番のグリーンでダブルボギーパットを打つ際、拾い上げていたボールを本来戻すべきマーカーのすぐ前ではなく、ずれた場所に置いたのがペナルティの理由。「高ぶっていたというのもあったけど、僕が子どもでした。意識せずにやっていて、これからはちゃんとリプレースします」と事実を認め、反省した。

悶々とした気持ちも残ったが、スタート前のショット練習を終えて「引きずっても仕方がない」と切り替えたという。

プレー面では「ショットの調子がすごく良くて、パッティングがダメという感じでした」。前半8番(パー3)ではボギーとなる“お先に”パットを外し、ダブルボギー。「プロゴルファーならやらないミスでした」と首(こうべ)を垂れた。

それでもトップ5に入り、杉原大河(東北福祉大3年)と並んでローアマチュアを獲得した。「素直に悔しいけど、これからもチャンスは巡ってくると思うから頑張りたい。学生のうちに日本ツアーで勝てるようになりたい」と前を向いた。(千葉県野田市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!