ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は出遅れ3オーバー 右へ、左へ“2OB”の理由

2020/09/03 14:30


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 初日(3日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

見せ場はわずかしかなかった。石川遼は8月「全米プロ」以来の試合として迎えたシーズン再開戦で、前半2つのOBから2ダブルボギーをたたくなど「74」。18ホールで「29」パットとしたグリーン上のプレーも振るわなかった。3オーバーから2日目は巻き返しが求められる。

<< 下に続く >>

10mのパットを流し込んだ後半6番(パー5)、石川はギャラリーのいないゲームでゆっくりバンザイした。第2打をピンそば1mにつけた出だし1番以来、そしてこの日最後のバーディ。「一打でも収穫を得られるようにと昨晩も話していたが、できなかったのが残念。ショートアイアンの距離感も合わず、バーディチャンスも少なかった」とうつむいた。

開始2ホール目の11番、「想定外だった」と3Wでのティショットを右サイドのOBゾーンに入れた。「左に行くとセカンドが狙いにくい。ちょっと(スイングの)最後に捕まえるのを嫌がって逃がしてしまった。いまのスイングでは左へのミスは少ないが、過去の経験から“つけ足して”しまった」

2つ目のOBは17番(パー5)。スコアを伸ばしたい気持ちが前に出すぎたという。フェアウェイから打ち上げの第2打を大きく左へ。「スライスをかけて距離感を合わせにいったら逆球が出てしまった。ピンへの欲が強くなった」。10年前に連覇を遂げ、得意意識のあった富士桜CCのインコースでの「40」は自身ワースト。最注目組で1オーバーの金谷拓実(東北福祉大4年)、2オーバーの今平周吾の後に続いた。

春先以降のスイング改造が続くなかで、後半は1バーディと安定したが、「グリーンが読めていない。5m以内のパットがカップに触れば楽しみだけど…」とチャンスを活かせなかったのも事実。まずは予選通過が気になるポジションでのリスタート。上位に食らいつきたい。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!