ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が上位フィニッシュに向け、強い決意を表明/コカ・コーラ東海クラシック3日目

2007/09/29 18:21


「コカ・コーラ東海クラシック」3日目、1つずつのダブルボギーとトリプルボギーを含む「75」とスコアを4つ落とし、18位タイに後退した石川遼。この日は朝から冷たい雨が降り続け、前日の暑さが嘘のような寒さに見舞われた。「ここまで寒くなるとは・・」と話した石川だが、「昔からレインウェアの上を着てプレーしたくない派」と、スイング時にはレインウェアを脱ぎ、打ち終わったら着用の繰り返し。しかし、出入りの激しい内容となった一番の要因は、やはりショットのブレによるラフとの戦いだった。

「(会場の三好CCは)ティショットが鍵になるコース。その鍵をなくしてしまうくらい、ラフに入れてしまいました。ずっと鍵が見つからないままで、17番、18番でようやく見つかりましたが・・・」と、石川流の表現で説明。「原因は分からないですね。ずっとそんな状態で、気合を入れれば真っ直ぐ行くと思っていたのですが」と、本人も当惑気味だった。

14番でティショットをOBとし、トリプルボギーを叩いた直後は、「気持ちがおかしくなってしまいそうな感じでした」と冷静さを欠いていたようだが、「15番ティのリーダーズボードで、他の選手もスコアを落としていることを知りました。まだ巻き返せるし上位も狙えると、気持ちを切り替えることができましたね。ボードを見るまでは、ずっと下の方に落ちているんじゃないかと、不安に思っていました」と、上手く気持ちを切り替えられたようだ。

その気分転換が奏功してか、15番から3連続パーで凌ぎ、最終18番では見事なバーディフィニッシュ。「自然に出た」という大きなガッツポーズで大観衆を沸かせた。ホールアウト後は、「雨の中、見守ってくれたギャラリーの方々に感謝を示したかった」と、使用していたボールを投げ入れるパフォーマンス。「フェアウェイからは必ずバーディを狙いに行くゴルフを忘れていました。明日は、18番のようなゴルフをしたいですね」と話した。

「まだ上位を狙える位置。明日はティショットが大丈夫なような気がするし、ドライバーに自信を持ちながらいいイメージで打ち、フェアウェイに置いてチャンスにつけられるようにしたいです。(体力は)あと1日もてばいい。18ホールをラウンドしたら、倒れてしまうくらいに」と、最終日に向けて強い決意をあらわにしていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。