ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/16〜01/19 場所:セントーサGC(シンガポール)

コウスケ・ハマモト=濱本康介 タイ&日本国籍の20歳

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(16日)◇セントーサGC(シンガポール)◇7397yd(パー71)

2020年の日本ツアー開幕戦で、日本人の父とタイ人の母を持つ20歳が絶好のスタートを切った。6バーディ「65」をマークして6アンダーの暫定首位。チェンマイ出身のコウスケ・ハマモト(濱本康介)はルーキーイヤーとなった昨年、アジアンツアーでシードを獲得。生き生きとステップアップを続けている。

ふたつの国籍を有し、ジュニア時代はタイのナショナルチームで活躍した。父が東京で仕事をする一方、現在は母と住むバンコクを拠点にして転戦生活を送っている。日本でのプレー経験は愛知県での団体戦「トヨタジュニアワールドカップ」だけだが、ゴルフを始めたのは和製ビデオゲームがきっかけ。「PSPの“Hot Shots Golf”(Everybody's Golf=みんなのGOLF)が楽しかった」と8歳のときにリアルなクラブを握った。

タイのメディア関係者によると、ニックネームは「KE(ケ)」だとか。タイ語と日本語を操りながら、“頭のなか”はインターナショナルスクール時代に覚えた英語が中心だという。それでいて、今回タッグを組んだ国内ツアーでもお馴染みのマレーシア人キャディ、サーグナン・スンタララージさんとは日本語でコースマネジメントをやり取り。ハマモトとは初対面で、同組でプレーした稲森佑貴は「びっくりするくらいパターが入るんです」と驚いた。

「こんな一流の大会でプレーできて本当に幸せ。今週は感謝の気持ちを持ってここに来ました」とハマモト。近い将来、どちらの国籍を取るかは父と相談している最中。もちろん、共同主管競技の今大会で優勝すれば、日本ツアーへの道も一気にひらける。(シンガポール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。