ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

時松隆光が振り返る今年一番悔しかった大会

2019/12/24 19:12


ツアー最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を含め、最終日を首位から出て優勝を逃したのは今季3度。時松隆光は、ツアー初優勝した2016年からシーズン1勝を果たしてきたが、連続優勝も3年で止まった。

22日に今年の自身最後のイベント出演という「丸山茂樹ジュニアファンデーション」に初めて参加した。丸山が手首の手術後から取り組んできた「ベースボールグリップ」は、時松の代名詞でもある。昨年は日程が合わずに参加できなかったイベントでは、デモストレーションや対決などでジュニアと触れ合い、「『思い切り(の良さ)』という、自分が忘れていたものを見つけました」としみじみ語る。

<< 下に続く >>

「思い切り」という点が課題となったのが、今年一番悔しかったという9月「ANAオープン」だった。初日から首位を守って完全優勝を目前にした最終18番で2mのバーディパットを外し、史上初の5人によるプレーオフに突入。1ホール目で敗れて、震災で中止となる前年の2017年に続き、2大会連続プレーオフ敗退を喫した。

今年の反省を踏まえ、「全体的に底上げしたいし、優勝争いして気持ちの部分で負けているので、練習でどうにもこうにもならないかもしれないですけど、来年は今年勝てなかった分を思い出しながら、うまく自分の心をコントロールしていきたい」という。

具体的な目標をメジャー大会優勝に定めた。宮里優作が2018、19年と欧州ツアーに参戦した例を引き合いに出し、「5年シードを獲って、世界を味わいたい」。テレビのスポーツバラエティ番組に出演して「ゲンちゃん」の愛称で知名度が上昇した時松が、淡々と来季を見据えた。(編集部・清野邦彦)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!