ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が選んだ今年の一文字は『泥』 最終戦で得た学び

2019/12/11 06:15


ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で今季3勝目を挙げてシーズンを締めくくった石川遼が10日、千葉県内のゴルフ場で取材に応じ、2019年を象徴する一文字に『泥』を選んで色紙に記した。

優勝会見でも繰り返した「泥臭さ」という言葉にまつわる一文字。石川は2日前の戦いを思い起こしながら、その重要性を説き進めた。「綺麗なゴルフをすることが正しい、という感じを持っていたけれど、泥臭く食らいついていく部分のことを忘れていた。僕は上手いタイプのゴルファーじゃない。それを思い出させてくれたことが、すごく勉強になった」

今も記憶に新しい、18番(パー3)で行われたブラッド・ケネディ(オーストラリア)とのプレーオフ。2ホール連続でグリーン右に外しながらもパーを拾い、3ホール目にピン左下2.5mにつけるバーディで決着。しぶとくケネディに食い下がり、巡ってきたチャンスを一発で仕留めてみせた。

石川がイメージしてきた“綺麗なゴルフ”の極致は、「ドライバーは曲がらず、アイアンはピンを刺して、パターが入る」というプレーだ。そんなゴルフへの憧れは、「上手い選手ばかり」という、かつて米国を主戦場にした時期に強まった。今年でいえば、4打差をつけて完勝した「セガサミーカップ」は理想に近いものだったが、「1年間で10試合に1試合くらいの感覚。その『型』にはまらなかったときにどう考えるべきなのか」。シーズン最終戦で見出した答えこそ、対極にあるような「泥臭さ」だった。

「ケネディは上手い攻め方をするゴルファー。(プレーオフの)18番を100回繰り返してスコアを付けたら、ケネディのほうが良いスコアになると思う。でも、ゴルフはそういう競技じゃない。流れが悪いときに食らいついて、流れが来たらチャンスをモノにする。ゴルフは失敗やミスのスポーツであることを忘れていた」。苦しみを乗り越えた先に得たものは、優勝の栄誉だけではなかった。

「ゴルフには、簡単に忘れ去られそうだけど大事なことが結構あるんです。それを忘れては、次の試合に向けても意味がない。日々リマインドしながらゴルフと向き合っていきたい」。そう結んだ石川は「忘れないように持って帰ろうかな」と、『泥』と記された色紙を自らの腕に収めた。(編集部・塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!