ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

“ウッズ退治”から10年 Y.E.ヤンは47歳に

2019/11/15 18:02


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(15日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

今季初勝利を狙うY.E.ヤン(韓国)が5バーディ、3ボギーの「68」で回り、通算6アンダーで正岡竜二と並ぶ首位に浮上した。「グリーンが速いからスピードだけを考えてプレーしました。アイアンショットが良くて1m、1.5mくらいのチャンスを作れた」と好調のまま決勝ラウンドへ。

今季トップ10入り2回、賞金ランキング37位で迎えた終盤戦で、昨年の「中日クラウンズ」以来、日本ツアー通算6勝目のチャンスが巡ってきた。

「本当にラッキー」と声を弾ませたのは平均スコア「4.432」で最難関となった後半6番。残り195ydの第2打を5UTでピンそば1mにつけてバーディを決めた。「ティショットがパーフェクトでやっと(2打目が)200ydを切るようなホール。本当に難しい」というホールを切り抜け、3日目の最終組を確保した。

ことしは自身が2009年「全米プロゴルフ選手権」でアジア男子に初のメジャータイトルをもたらしてからちょうど10年。当時、無敵と言われたタイガー・ウッズに勝った。「あのときは誰もウッズに勝てるとは思っていなかった。(2006年の)アクセンチュアマッチプレーではスティーブン・エイムズが『タイガーの調子は良くない』と話していたら、10ホールを残して(9&8)で負けてしまったり…」。だからヘーゼルティン・ナショナルGCでの最終日最終組対決も「周りの99%はタイガーの応援。だから僕も練習ラウンドのつもりで自分のプレーだけを考えていた。まったくプレッシャーは感じなかった」と振り返る。

そのウッズはことし海外メジャー「マスターズ」を制し、10月は日本での「ZOZOチャンピオンシップ」でも優勝した。ヤンも「43歳で82回の(PGAツアー)優勝。テレビを観ていても楽しい。昔はいつも力いっぱい振っていたのが、いまは本当にスイングのリズムがいい」と年を重ねたゴルフスタイルに驚くばかり。自身は47歳になったが、こちらもまだ老け込むつもりもない。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!