ニュース

国内男子UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、ティショットは良かったが後半崩れ80位タイ

2008/07/03 19:30


JGTO(社団法人日本ゴルフツアー機構)が主催となる「UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ」に初出場となる石川遼。先週の日曜日には、東京の六本木ヒルズで「ファンとの集い」に出席し「上位で戦えるようがんばりたい」と語ったが、今週に入り風邪のため体調を崩してしまった。

前日の練習ラウンドは6ホールで切り上げ、初日には元気な笑顔でコース入りしたが、鼻声はまだ直っていなかった。石川のスタートした10時24分は、小雨が降っていたが午後には晴れ間まで広がる蒸し暑い1日となった。

2番パー5でバーディを奪った石川だが、7番パー3で5番ウッドでのティショットを左サイドの池に入れてしまった。後半に入り、10番で2打目をグリーンのカラーまで持っていき、20ヤードをサンドウェッジでチップインバーディ。この時点でイーブンパーまでスコアを戻した。

ところが、12番から3連続ボギーを叩くと、16番、そして最終18番でもボギーを叩き通算5オーバーでホールアウト。前半安定していたティショットが、後半は左右にブレだし苦戦してしまい80位タイと出遅れた。

「今日気をつけていたのは、練習場をイメージして打つことですね。今日もコースに来る前に練習場で打ってきました。ティショットに全てをかけて、その甲斐あってティショットは良かったけど、それ以降のショットがよくなかったですね。このコースはたくさんドライバーが打てるから、明日も楽しみです」。

病院に向かうということで会見を早々に切り上げた石川、食事を摂ったあと軽く練習をし、会場をあとにした。2日目のスタートは8時36分となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。