ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

17位タイの石川遼、「プロらしくなったと思う」

2008/09/07 18:25


「4日間で一番スイングが悪かった」という「フジサンケイクラシック」最終日の石川遼。「昨日までのスイングは頭に入っていたけど、フェアウェイに置きたいという気持ちが勝って、切り返しからのスピードが無かった」と、その原因を分析した。

1番は第2打をグリーンオーバーさせてボギー。6番パー5でバーディを取り返したが、続く7番パー3は、5Iでのティショットを池に入れてダブルボギーとしてしまう。その後も、8番、10番でボギーを叩き、一時は1オーバーまでスコアを落とした。

しかし、「プロだから、一つでも上に行くことにこだわってプレーをした」という石川。15番パー5で2オンに成功してバーディを奪うと、昨日ダブルボギーを叩いた16番で、この日はピン下1.5mにつけてバーディ奪取。続く17番でも6mを沈めて、3ホール連続バーディとし、通算2アンダーまで盛り返した。

「上がり3つのバーディがなければ、何百万円と変わっていた。1打の大きさが感じられるようになってプロらしくなったと思う」という石川は、17位タイに入って214万円の賞金を上積みし、今季の獲得賞金は1,500万円を超えた。

プロとしての自覚も増し、残りも全試合出場したいという石川。来週は1週間のオープンウィークとなるが、「(今週が)3週間目で悪くなっているので、この1週間が大事だと思う。気合を入れて過ごしたい」と、次の戦いに向け、きっちりと準備を整える。今月17日でようやく17歳になる石川は、この休み中は学校にも通う予定だという。「学校で寝ないように、早く寝るようにします(笑)」と、少年の顔も覗かせた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。