ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、「最高のゴルフができました!」

第73回「日本オープンゴルフ選手権競技」に出場している石川遼は、自身の戦前の予想を大きく覆す、優勝を争う位置で最終日を迎えた。首位の片山晋呉とは6打差の単独4位でスタート。2番で3パットのボギーを叩くが、3番パー5では1.5メートル、4番では3メートルのバーディパットを沈めスコアを伸ばした。

さらに7番では6メートルのバーディパットを決め、多くのギャラリーから歓声を浴びた。続く8番は2打目をグリーン左奥に外してしまうが、5メートルのパーパットを沈め、パーをセーブした。この粘りが後半につながり、最終18番までパーをキープ。

同じ組でラウンドするブレンダン・ジョーンズと3オーバーで並んで最終ホールを迎えたが、ジョーンズがここでボギーを叩いたため、単独2位でホールアウトすることになった。

「今日もパターが入ってくれたので、やっていて楽しかったです。4日間、ドライバーを使ってよかったです。今週の結果に点数をつけるなら99点です。マイナスの1点は優勝できなかったことですね。途中、リーダーボードを見て、片山さんは崩れることがないので、自分はこれ以上スコアを伸ばせないので無理だと思いました」。

この単独2位で2,200万円の賞金をつかんだ石川だが、自分へのご褒美とかは考えていないと言う。むしろ賞金ランキングのほうが気になるようだ。それはツアー最終戦の「日本シリーズ」に出場できる賞金ランキング25位以内に入ることも目標の一つにしているからだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。