ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、シンプルゴルフで7位タイ

2008/10/31 18:59


「マイナビABCチャンピオンシップ」初日を2アンダー10位タイで終えた石川遼。目標としていた1日2アンダーを達成し、気持ちよく大会2日目を迎えた。

1番スタートのこの日、石川は3番パー3でティショットを手前花道にショートすると、アプローチで1.5mに寄せるも、決められずにボギースタートとしてしまう。しかし、続く4番パー5。ティショットを左ラフに入れた石川は、2打目はPWでフェアウェイに刻む。3打目はピンまで150ヤード。これを8Iで右手前2.5mにつけ、すぐにバーディを取り返した。

6番もバーディとした石川は、続く362ヤードの7番パー4。前日はアゲンストの為に刻んだが、この日はヤーデージブックをじっと見つめ、ドライバーを選択した。「98%の力で振ったら、芯に当たって最高のストレートボールが出ました」という石川のショットは、ティから288ヤード地点にあるバンカーをキャリーで越え、グリーンエッジまで残り10ヤードの狭い花道まで達する、約331ヤードのビッグドライブ。ギャラリーの喝采を浴びた。

あわや1オンの石川だったが、アプローチを寄せきれずにバーディは奪えない。ティショットを3Wで刻んだ井上信が、2打目をベタピンにつけてバーディとしたのを見て、「ドライバーでここまで打っても“4”か」と、落胆の色は隠せなかったが、「まぁ、これがゴルフかなと。あのホールは満足しています」と、すぐに気持ちを切り替えた。

後半は15番、18番と2つのパー5で確実にバーディ奪取。17番でボギーを叩いたが、初日に続いて危なげないゴルフで、通算4アンダーへスコアを伸ばした。

「今日もシンプルなゴルフが出来ました。最後まで良い集中力で気持ち良かったです」と、納得顔の石川。4つのパー5ですべてバーディを奪い、「ロングできっちり獲れているという言葉の響きはいいですね」と喜んだ。大きなピンチも無く、無難なプレーは石川の成長を感じさせた。

首位と5打差という好位置で決勝ラウンドに進む石川だが、「気持ちをコントロールしようとしても難しいけど、その場の空気と同じような自然な状態でプレーしたいです」と、いつも通りの平常心で、大会3日目に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。