ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、夢に近づく大きな一勝

2008/11/02 19:57


「バックスイングで震えていて、こんなんで入るかと思ったけど入ってくれた」という80cmのウィニングパット。石川遼は、プロとして初めてレギュラーツアー制覇を決めるパットを沈めると、右手を天に向けて突き上げた。スコアカードを提出した直後に18番のグリーンサイドで行われたテレビの優勝インタビュー。石川は涙を堪えることが出来なかった。

「深堀さんに、『これがお前の実力だから、自信を持ちなさい』って言われたのがこれ以上ないくらい嬉しくて。あんな素晴らしい人にそう言って貰って、僕は一番幸せだなと思いました」。

男子ツアーの人気を背負う石川は、毎日多くのギャラリーを引き連れてラウンドする。調子の良い時も、悪い時も、17歳が背負うものは想像以上に大きいはずだ。「予選ラウンドから沢山の人に応援して貰って、そんなプロは少ないと思うし、その中にこんなにゴルフが下手な自分がいていいのかなと思った」という石川。「みんなが期待するほど上手くないですって言いたくなったけど、応援してくれるし頑張ろう」と、プレッシャーという言葉は否定したが、その期待の重さを信念で跳ね除けた。

2打のリードで迎えた最終18番パー5。石川はティショットを左斜面のラフに入れてしまう。池を挟んだグリーンエッジまでは残り170ヤード。「7Iで打てるのに左に刻むか?って、自分に聞いたら、『いや、刻まないでしょう』と即答でした」という石川。「タイガーならどうするかは分からないけど、石川遼は狙って行きました」と、自分のゴルフを貫いた。それには、石川なりの計算もある。左に刻んだとしても、3打目はやはり池の危険はぬぐえない。パーを獲るには、2打でグリーンに乗せるのが一番確率が高いというマネジメントだ。それでも、このショットはわずかに届かず、池に転がり落ちてしまう。3打目のウォーターショットでピンに絡め、大ギャラリーを歓喜させた。

「自信を持つのはコースに出てからでいい。練習している時は自分が一番下手だと思って、その気持ちで練習した分、コースでは自信を持とうと思います。先のことは、マスターズに勝ちたいということだけでいい」。この一勝で浮かれることなく、石川は自身の夢を改めて胸に刻んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。