ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2月17日(日) 今日の海外日本人選手 結果&コメント

■米国男子ツアー<ノーザントラストオープン 最終日>

今季4戦目にして初めて予選を通過した石川遼は、最終ラウンドでスコアを伸ばせず低迷した。

前半インで1つスコアを落として折り返すと、後半1番でバーディを奪ったものの、直後に3連続ボギー。ショートゲームが冴えず、スコアを落としてしまった。次週の「WGC アクセンチュアマッチプレー」は出場権がなく、再びオープンウィークとする。

<最終日結果>
石川遼 3バーディ、4ボギー、1ダブルボギー「74」、通算5オーバー61位タイ
「(折り返し後の)1番ホールまでの内容は良かったのでもったいなかった。悔しい終わり方でした。ミスがずるする行ってしまった。予選を通ってもこの順位。大きな経験値は優勝争いでないと積めない。課題はアイアンの精度。100球打ったときのバラつきの範囲、それが何ヤードに広がっているか、それを縮めたい。課題はアイアン、パッティング、アプローチの順です」。

■米国女子ツアー<ISPSハンダオーストラリアン女子オープン 最終日>

6アンダーの24位タイから最終ラウンドのプレーを開始した上原彩子は、特に後半にボギーを連発して48位タイで今季初戦を終えた。

出だしの2番から2連続ボギーを叩くと、その後9番までに3バーディを奪取。しかしインコースでは12番から痛い3連続ボギー。昨年末にQTを通過し、出場権を獲得した2013年のデビュー戦は初日4位タイで滑り出したが、トーナメントの後半に苦む結果となった。

<最終日結果>
上原彩子 4バーディ、6ボギー「75」、通算4アンダー48位タイ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。