ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ロフト別で形状が異なるフソードリーム『D460』

フェース高とクラウンの投影面積を変え、幅広いスコアレベルに対応

フソードリーム株式会社(東京都品川区)は、ロフト別に最適な重心設計を施して各々の形状が異なるドライバーヘッド『D460』を発売。ロフトバリエーションは『D460L』が9.5度、『D460M』が10.5度、『D460H』が12度となっており、ロフト角が寝るたびにフェース高が若干低くなり、クラウンの投影面積も広くなっていく。

『D460L』はヘッドスピード45m/s以上のハードヒッター向け。1度オープンフェースで左を嫌いパワーのあるゴルファーをターゲットに据えている。重心深度も浅く34.5mmに設計。叩きに行ける洋梨型だ。

『D460M』はヘッドスピードが速い割には、スピン量が少なく打ち出し角が低いゴルファー向け。フェース角も0度と、スクエアに構えて直進性の高い弾道をイメージさせる。投影面積も小さ過ぎず、大き過ぎずのオーソドックスな形状だ。

ロフト角12度とパーツでは珍しい『D460H』は、ヘッドスピードが遅いシニア・レディス向け。重心深度は最大39.5mmと深く、投影面積はシリーズ最大で安心感のあるサイズ。フェース角もクローズ1.5度と、スイングするだけでつかまったハイドローが打てる。

また、ヘッド後方にウエイトスクリューが配置されており、ヘッド重量と重心位置をカスタム可能。ウエイトスクリューは6gが標準装備だが、オプションで、1g、2g、4g、8g、10gが用意されており、様々なゴルファー、そして装着するシャフトによってマッチングが可能となっている。価格はヘッド単体で6万円(税抜き)を設定している。

問い合わせはフソードリームへ、03-6712-4118。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。