ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

小平プロ、川村プロがシーズン途中で換えたアイアン

「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」でツアー優勝を飾った小平智プロと「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」でツアー優勝を飾った川村昌弘プロ、共に今年ツアー初勝利。そんな二人がシーズン途中にもかかわらず、タイトリスト NEW「MBアイアン 714」を使い始めた。ツアープロにとってシーズン途中でのギア変更は勇気のいることだと思うが、違和感なく変更できたと言う。世界で戦うトッププロやアマチュアゴルファーからも高い信頼を寄せられているタイトリストブレードアイアンだが、NEW「MBアイアン」は、番手ごとのソールデザインの完成度を高め、厳しいコンディション下でも切れ味鋭い振り抜きを実現している。同時にラウンドバウンスのソールデザインによって抜けが良く、コントロール性が高まった事が変更の要因の様だ。両プロにタイトリスト NEW「MBアイアン 714」の使用感について伺ってみた。

小平智プロ

夏に調子が落ちていたので気分転換も含めて変更しました。NEW「MBアイアン」を見て、顔が良くなっていたことと抜けが良くなっていたのですぐに変更することが出来ました。特に抜けのよさは抜群で、ボールに対してあたりが悪い時でもソールがすっと抜けてくれるので、思った距離を打つことが出来て非常に助かっています。
ショットメーカーの自分としては、ラインを出しやすくロングアイアンは楽になり、ショートアイアンでは吹け上がりがなくなり、スピンもしっかり効き、イメージ通りの弾道で飛んでくれるのでピンを狙っていけるアイアンとして、すごく気に入っています。

川村昌弘プロ

前モデルとくらべても顔や番手間の流れが変わらないが、スッキリとシャープになり、より構えやすくなったのが変更の理由です。
打感の良さはタイトリストならではで、常に変わらない所が特に気にいっています。見た目のスッキリ感がより弾道をイメージし易くなり、スピンもしっかり効いてコントロール性が向上した点が気に入っています。

小平プロ、川村プロインタビュー動画

練習日のツアー会場でお二人を直撃!タイトリスト NEW「MBアイアン 714」の魅力について語るプロ選手の生の声をご覧ください!

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!