ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

タイトリスト913ドライバーの全貌が明らかに

アクシネットジャパンインクは、さらなるパフォーマンスの向上を狙った「タイトリスト 913ドライバー」を2012年11月中旬に発売すると発表した。すでにトーナメントでは一部の選手が使用していたこともあり、注目を集めていたクラブだ。

913シリーズは、タイトリストの伝統ともいえる洋ナシ型のヘッド形状で、前作から好評だったロフトとライ角を16通りに調整できる機能「SURE FIT TOUR」はそのまま継承された。ヘッドは、飛びと安定性を追求したヘッド体積が460ccの「913D2」と、飛びと操作性を両立した445ccの「913D3」の2種類が存在する。

今回の特長は4つ、
1.エネルギーロスを抑えるため、フェース中心の後方付近にヘッドの重心を設定。これにより飛びの三要素であるボール初速、打ち出し角、スピン量が最適化された。

2.鍛造フェースインサートを採用することにより、スイートエリアを前作に比べ11%拡大。オフセンターヒット時でもボールの初速がそれほど落ち込まず改善された。

3.前作に続き、ロフト角、ライ角の2次元独立調整システム「SURE FIT TOUR」を搭載。プレーヤーに合わせたチューニングが可能となった。

4.構えやすさを追求したタイトリストのお家芸である洋ナシ形状と、飛びを実感させる打感と心地よい打音。

またシャフトは、910シリーズ以降ターゲット層が拡大したことから、ヘッドスピード40m/s前半でも対応できるよう、藤倉と共同開発したオリジナルシャフト「タイトリスト・ランバックス55」を設計。カスタムシャフトは、「グラファイトデザイン ツアーAD GT」、「三菱レイヨン ディアマナ B」、「USTマミヤ アッタス4U」と、バリエーションが豊富なのも魅力。

すでにトーナメントでは結果を出しており、ロリー・マキロイ(北アイルランド)がこのドライバーのプロトタイプを使用して、「全米プロゴルフ選手権」のあと、「ドイツバンク選手権」と「BMW選手権」で2連勝を飾る大活躍。さらに「フジサンケイクラシック」では、キム・キョンテ(韓国)がこのドライバーを使用して勝利していることから、2013年モデルの注目ドライバーになりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。