ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

本間ゴルフ「ツアーワールド GS シリーズ」2021年1月発売

本間ゴルフ(本社・東京都港区)は1日、最新モデル「ツアーワールド GS シリーズ」を2021年1月29日に発売すると発表した。ドライバー、フェアウェイウッドユーティリティアイアンのフルラインアップで展開する。

新作は「GAIN SPEED TECHNOLOGY(さらなるスピードの獲得)」がコンセプト。すべての工程を見直してボール初速やスイングスピードの改善に向けて徹底的に研究し、なかでもドライバーはクラブ全体のパフォーマンスの底上げを図ることで、同社史上最大の飛距離性能を実現。「+10ヤードを超える驚き」を謳っている。

<< 下に続く >>

ツアーワールド GS ドライバー」のフェースには、「ラジアルフェース」と呼ばれる新構造を採用している。ラジアルの名が示す通り、フェース裏面を放射状の構造にしてフェースの反発力と反発エリアを最大化させることでボールスピードをアップ。ソールのフェース寄りに刻まれた溝「クランクスリット」の効果も加わり、さらなる高初速化とオフセンターヒットにも強い寛容性を備えることに成功したという。

また、ヘッド後方にタングステンウェイトを搭載するドローバイアス設計により、力強い弾道を生むつかまり具合をアシスト。シャフトには、ヘッド性能に最適化された専用シャフト「SPEEDTUNED(スピードチューン)」を採用し、シャフトを脱着・回転することなくライ角やロフト角、フェースアングルを調整できる「ノンローテーティングシステム」が搭載された。

ドライバーのヘッド体積は460ccで、価格は6万8000円+税。フェアウェイウッドは3番(15度/16.5度)、5番(18度)、7番(21度)で各3万5000円+税。ユーティリティは3番(18度)、4番(21度)、5番(24度)、6番(27度)で各3万円+税。アイアンは5本セット(6~10番)で9万5000円+税から。問い合わせは本間ゴルフ(0120-941-380)まで。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!