ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米オープン
期間:06/13〜06/16 場所:ペブルビーチGL(カリフォルニア州)

“プロアマ”とは違うペブルビーチの姿 2月を知る男たちの反応は

◇メジャー第3戦◇全米オープン 事前情報(12日)◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075yd(パー71)

9年ぶりに「全米オープン」を開催するペブルビーチGLでは、毎年2月に米ツアー「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」を開催している。ビッグネームの多くに同大会への出場経験がある一方で、今回のメジャーのコースセッティングはツアー競技とは異なるという見方が多い。

「AT&T―」は各選手が予選ラウンドで近隣のスパイグラスヒルGC、モントレーペニンシュラCCを含む3コースを回り、最終日にペブルビーチに戻って18ホールの決勝ラウンドを実施。プロは個人戦の4日間72ホール競技と、連日アマチュアとコンビを組む団体戦を同時進行する。そのため、アマチュアレベルにも合わせたセッティングにする必要がある。

明らかにされている数値面でいうと、まず“普段は”パー5の2番が2000年、2010年大会と同様パー4のメジャー設定になった。484ydだった9番はティエリアを新設し、526ydに伸びた。今年2月に平均スコア「4.237」だったパー4はさらに難度を上げそうだ。

コース全体のセッティングも違う。2月の「AT&T―」よりも絞られたフェアウェイの18ホール総面積は約27エーカーから21エーカーと、約77.8%になった。ラフの長さは2インチ(5.08㎝)から、最長5インチ(12.7㎝)にアップ。ターゲットになるグリーンの刈り高は0.125インチ(3.175mm)だったのが、0.11インチ(2.794㎜)まで短くカット。グリーンの速さを示すスティンプメーターは10.5から12にスピードアップさせた。ただし、全米ゴルフ協会(USGA)は予想以上に晴天が続き、さらにグリーンが硬くなった場合、試合中に水分量を上げる措置(シリンジング)をとる可能性を示唆している。

「2月はアマチュアとプレーするからグリーンはすごく軟らかい。だから僕らもアグレッシブにプレーできるんだ」というのはジェイソン・デイ(オーストラリア)。それゆえ今週は「正直言って、まったく違うコースだね。グリーンが速くて硬い」という別の印象を持った。2017年のツアー競技を制したジョーダン・スピースも「慣れている2月のゴルフコースとは大きく異なる。あの時期はショットをラフに入れても良いときがあるんだけど…」と、メジャー用の仕上がりを実感している。

日本ツアーでプレーする今平周吾市原弘大堀川未来夢はもちろん今回が初めてのペブルビーチ。そして米ツアーを主戦場にする松山英樹も「AT&T―」の出場がこれまでないが、「6月に(当地で)やったことがある人は少ないはず。前回(2010年全米オープン)、前々回(2000年同)に出た人しか、6月のペブルはやっていない。そういう意味ではあまり変わらないかなと」と、コース経験の差を懸念材料にしなかった。(カリフォルニア州ペブルビーチ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2019年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!