ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

100年前のゴルフ雑誌広告 宣伝文句は今も同じ?

2018/06/30 17:10

「全米オープン」などを主催する全米ゴルフ協会(USGA)の本部は、ニュージャージー州のファーヒルズという小さな町にある。敷地内には数棟の建物が点在。そのひとつにゴルフの歴史を詰め込んだといえる図書館があり、一世紀以上も前のゴルフ雑誌の広告を眺めてみた。そこに書かれる謳い文句は、いまとさほど変わっていないように思えた。

1918年のゴルフ誌『THE AMERICAN GOLFER』に載ったマグレガーの新ドライバーのキャッチコピーは「Greater Distance(飛距離が伸びる)Better Direction(方向性が良くなる)More Accuracy(さらなる正確性)」だった。同じページに掲載されたボールの広告は、当時にしては派手な色合いだ。大きな文字で「The Longest Driving Golf ball(最も飛距離の出るボール)」と書かれ、その下には「Innumerable Trials Have Proved This(様々な試験でこれを証明しています)」と念が押されている。クラブもボールも現在の広告と同じような宣伝文句だ。

ちなみに1898年の月刊誌『THE GOLFER』で紹介された広告掲載料は1ページ60ドル、半ページ30ドル、4分の1ページ15ドル、8分の1ページ7.5ドル。6カ月連続の広告掲載で10%オフ、12カ月連続で20%オフとなっているが、雑誌1冊15セントの時代にしては、かなりの高額といえる。

『THE AMERICAN GOLFER』にはクラブやボール以外の広告も多く掲載され、左手に棒状のものを持ち、その手でスイングフォームをとる男性の写真があった。その横には、同じ姿勢の男性のイラストが描かれ、左上半身は筋肉の絵が。この棒状の商品は、スイング中の体の左サイドや左腕を鍛える「Machine」というそうだ。

どれもこれも、それぞれが当時にしては革新的だったのだろう。メーカーは自信を持って広告を打ち、消費者は心を揺さぶられる。なんとかして、できればラクして理想的な自分になりたい…と。技術の進歩は確かでも、ゴルファーが目指しているものは100年前と同じ。そして人の欲も変わっていない。(編集部・林洋平)

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~