ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 バルスパー選手権
期間:03/10〜03/13 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

アンカリング禁止 ブラッドリーは“仲間”の再起に?

騒動の発端となったひとりは、この人と言ってもよい。キーガン・ブラッドリーは2011年の「全米プロゴルフ選手権」で、史上初めて中尺パターでメジャーを制したプレーヤーになった。グリップエンドなどを体の一部に固定してストロークするアンカリングに関する議論が高まり、今年1月にアンカリング規制が開始。ブラッドリーをはじめ、多くの選手が中長尺パターを手放した。

最後に優勝を飾ったのは2012年の夏。「WGCブリヂストンインビテーショナル」を、もちろん中尺で制して以来タイトルがない。昨年は、フェデックスカップランキング60位で終了。13年夏に10位だった世界ランキングは、現在89位まで落ち込んだ。

直近2試合で予選落ちを喫して臨んだ今週の「バルスパー選手権」で、4アンダーの首位スタートを切った。「いまはキャリアで最も大変な時期」だという。今年に入ってからダレン・メイという、カミロ・ビジェガス(コロンビア)らを指導するコーチとコンビを組んで試行錯誤。最近になって、レギュラーサイズのパターをシーズン当初のモデルに戻すなど模索を続けている。

そんなブラッドリーに勇気を与えたのが、昨年まで長尺パターを握っていたアダム・スコット(オーストラリア)だ。2週前の「ザ・ホンダクラシック」、前週の「WGCキャデラック選手権」と2連勝し、アンカリング規制を乗り越えた“仲間”の再起。ブラッドリーは「本当にすばらしい。すごくうれしく感じた自分に驚いたくらいだ。彼が2度も勝ったのを見て、何度もパットを決めていく様子を見て、刺激を受けた。感謝したい」と話した。

ツアーに本格参戦した2011年以来の出場となった今大会。会場のフロリダ州イニスブルックリゾートでは、13歳のときに父のバッグを担いでキャディを務め、米国女子ツアーで活躍した世界殿堂入り選手である叔母のパット・ブラッドリーと一緒に回ったことがある。思い出の残るコースで、スコットに続く“克服”をアピールできるか。(フロリダ州パームハーバー/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2016年 バルスパー選手権




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。