ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

異次元の逃げ切り カイマーはサッカー代表とともに母国の星に

ボールが消えるより早く、パターはその手から離れ、10本の指先はゆっくりと空を向いた。目を細め、恍惚の表情で口元が緩ませる。雄叫びも、派手なアクションも無い。掴んだものの大きさを実感するかのような神々しいフィナーレだった。

ノースカロライナ州のパインハーストNo.2で行われた「全米オープン」最終日。29歳のマーティン・カイマーが後続に8打差をつける別次元のゴルフを展開し、ドイツ勢初の大会勝利、2010年「全米プロゴルフ選手権」以来となるメジャータイトル奪取に成功した。初日から単独首位の座を一度も譲らない完全優勝は史上8度目(9人目)。欧州出身選手のうち、20代でメジャーを複数回制したのはベルンハルト・ランガー、トニー・ジャクリン、そしてロリー・マキロイに続く4人目の選手となった。

<< 下に続く >>

予選ラウンド2日間でいずれも「65」を叩き出し、早々に築いた独走態勢。超難度のセッティングでのビッグスコア連発に、周囲はもはや呆れ顔だった。最終日最終組を戦ったリッキー・ファウラーは「彼はこの試合を自分だけのものした」。ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は「ある意味では2日で試合を終わらせてしまった」と一人旅を表現した。

とはいえ、カイマーが逃げ切れたこの4日間は、ここ数年のキャリアが凝縮されたものでもあった。思えば2010年に「全米プロ」を制し、翌年には世界ランクトップにも立った。しかし、それ以後は低調なプレーも続き、今年4月初旬のランキングは63位まで低迷。4年間の浮沈は「ものごとはそう簡単に進まない」と痛感する期間だった。そして今週はムービングデーに「72」と停滞。最終日に再び気を引き締める材料としては十分といえた。

サッカー大国ドイツで生まれ、今週開幕したワールドカップから目が離せないのは彼も同じ。2日目を終えた段階で、カイマーはサッカー代表選手のひとりからテキストメッセージを受け取った。「最高じゃないか。週末にベストを尽くせることを代表選手全員で願っている」―。それに対する返信は「まだ、ハーフタイムだ」だったという。

「ドイツではやっぱりサッカーの方がゴルフよりはるかに人気があるんだ。でも僕がメジャーで2つ勝って、ライダーカップ出場に向けても結果が出た。ドイツでソルハイムカップも開催される。これから数年間で、ドイツのゴルフ界にはきっと変化があるだろう」

サッカーワールドカップが開催される2010、14年に獲ったメジャータイトルは、単なる
偶然か?バウンスバックを繰り返した4年間。他を圧倒した4日間には、自信を固いものにしていく様が凝縮されていた。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!