ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 バルスパー選手権
期間:03/13〜03/16 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

ヨーロピアンは不振?ローズが3打差を追う

2014/03/16 09:03


2013-14年シーズンの米国男子ツアーは10月に開幕し、前週の「WGCキャデラック選手権」および「プエルトリコオープン」までに17試合が終了。早くも3勝のジミー・ウォーカー、2勝のパトリック・リードを含め、ここまで14人のチャンピオンが生まれた。

しかし、このうち「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」を制したジェイソン・デイ(オーストラリア)を除けば13選手はすべて米国人選手。欧州出身のプレーヤーは6大ツアーが集まる世界選手権シリーズ(WGC)も含めて未勝利が続いている。

フロリダ州イニスブルックリゾートで開催中の「バルスパー選手権」も3日目を終えてトップ2はロバート・ガリガスケビン・ナの米国勢。3位にオーストラリアのジョン・センデンが続くが、欧州出身の選手ではジャスティン・ローズ(イングランド)が4位と気を吐いている。

ローズはこのムービングデーを3位タイから出ると「たぶん今年で一番無駄のないプレーだった。打つべき時に打つべきクラブを選んで、打つべきショットを打てた」という納得のラウンドで15番までに静かに3バーディ。最終18番で「クラブのトゥで打ってしまって、とんでもないフックボールになった」と、ティショットを左の林に入れたのをきっかけにボギーを叩いたが、ガリガスとの差を前日から1つ縮めて3ストロークとした。

今年に入ってから右肩の故障に悩まされ、2週前の「ザ・ホンダクラシック」も急きょ欠場。しかし、ほどなく実戦感覚を掴んできた。「今日はいいパットもたくさん打てたけれど、何度かカップの縁で止まっちゃったね。66で上がってもおかしくないくらい。でもハッピーだ。ボールもコントロールできているし、判断もきちんとできている」。欧州勢の代表として、昨年の「全米オープン」覇者が風穴を開ける?(フロリダ州タンパ/桂川洋一)

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2014年 バルスパー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~