ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/24〜01/27 場所:トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

PGA Tour Rookie / Ryo Ishikawa(4) 東西2つの拠点と、その意味

米国男子ツアー(PGATOUR)のメンバーとなった石川遼は、その本格参戦を迎えるにあたり、本土に2つの拠点を構えた。東海岸と西海岸にひとつずつ。場所はフロリダ州オーランドのベイヒルクラブ、そしてカリフォルニア州はロサンゼルスからは南東へ約120キロに位置するカールスバッドである。

広大な大陸を毎週移動し、連戦に臨むツアー。ほとんどの外国人選手が、各地に一軒家を購入し、拠点とする。ロリー・マキロイをはじめとした欧州の選手は、母国にも近い東海岸で、年間を通じて温暖なフロリダ州を選ぶケースが多数。また、カリフォルニアやアリゾナ州のほか、アクセスの良いテキサス州ダラスなどはチェ・キョンジュら韓国人選手にも人気。石川同様、今年ツアーメンバーとなったベルギー出身のニコラス・コルサートが「ここ10年はスーツケースと一緒に人生を歩んできた」というのは、珍しいパターンだ。

<< 下に続く >>

米ツアーは例年、1月にハワイで開幕し、ウェストコーストスイングと呼ばれる西海岸の各地で本土開催に移る(来季からは10月開幕に変更)。その後はフロリダ州を中心に東海岸へ移動・・・といった具合に、国土が広いだけあって、一定期間中は、ある程度トーナメント開催地が近い地区にまとまっており(とはいえ、到底ひとつの宿泊地から何会場にも通えるほどではないが)、石川の東西2つの拠点はその点でも効果的。いずれも近隣に広大な練習場があり、カールスバッドの場合は契約するキャロウェイのテストセンター内に位置。クラブ調整にも万全の態勢を整えられる。大量の荷物をその都度運び出す手間も少なくはなりそうだ。

石川はサンディエゴ近郊で行われた「ファーマーズ・インシュランスオープン」で予選落ちを喫した翌日、この西海岸の拠点に移動して静養につとめた。当初の予定では次週「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」終了後、3連戦を戦い終えたあとに当地に入るつもりではいたのだが・・・。

とはいえ、石川の米国での“マイホーム暮らし”は少しばかり、日本でのそれとは違った利点もありそうだ。「ファーマーズ―」で初日20位タイと上々の滑り出しを見せた石川に、米メディアの視線は集まった。そしてラウンド後のインタービューでは、カールスバットの家について問われ、英語でこう答えている。

「こっちでは街中を歩いたり、買い物にも行きやすくなるんじゃないかと思っています。日本ではそれがちょっと難しかったから・・・」。

周囲の視線を気にすることなく、気兼ねなく外出する。馴染みの店を作り、ビーチを散歩するのもいいかもしれない。単なる心身のリフレッシュのためではなく、21歳の当たり前の生活を手に入れる絶好の機会。安息の地となりうるはずだ。

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!