ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・プレジデンツカップ
期間:11/17〜11/20 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

キョンテ、タイガー撃破のインパクト

「ザ・プレジデンツカップ」の世界選抜入りを果たし、初めてその舞台に立ったキム・キョンテが、3日目のダブルス戦で大きな仕事を成し遂げた。同郷の先輩・Y.Eヤンとペアを組み、タイガー・ウッズダスティン・ジョンソン組を撃破。最終18番で1.5mのウィニングパットを沈めた瞬間、クールな印象の強いキョンテが雄たけびとともに豪快なガッツポーズを繰り出した。

日本では抜きん出た強さを見せているキョンテだが、初日、2日目のダブルス戦では本領をまったく発揮できず、成すすべなく連敗。「調子があまり良くなかったから・・・」。正確なショット、アプローチ、パット、そのすべてが影を潜めていた。初出場という立場、周囲を取り巻くビッグネームたち。不慣れな状況にプレッシャーもあったのだろう。

「タイガーと回ることで少しナーバスになったし、すごくプレッシャーもあった」と振り返るキョンテだが、「ヤンさんがリラックスさせてくれたお陰です」という大先輩とともに抜群のコンビネーションを見せ、序盤から試合を優位に進めた。持ち前のアイアンの切れも戻り、バーディチャンスを演出。オールスクエアに並ばれた15番では、9mのバーディパットを捻じ込んで1UPのリードを奪う殊勲の1打。これまでの鬱憤を一気に晴らすような存在感を、ようやくオーストラリアのファンに見せつけた。

キャプテンのグレッグ・ノーマンも「彼はマッチプレーに向いているようだし、明日のシングル戦でも勝ってくれるだろう」と高評価。世界選抜のメンバーでは知名度は今ひとつのキョンテだが、明日のシングルス戦でトップスタートに組み込まれたことからも、ノーマンの期待が一気に高まったことがうかがえる。2015年大会は韓国で開催されることが先日発表となったが、出場への道を切り開くためにも同じ舞台で少しでもアピールしておきたいところだろう。アジアの代表、そして日本ツアーの代表として、明日も再びの活躍に期待!(メルボルン/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2011年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。