ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ホンダ LPGAタイランド
期間:02/26~03/01  場所: サイアムCCオールドコース(タイ)

復活?新生?それとも必然? ツェン・ヤニ首位発進の怪

同組で回った2人。ヤニは首位、アリヤは1 同組で回った2人。ヤニは首位、アリヤは1打差4位の好スタート

かつて世界ランク1位に君臨し、08年から11年までの4年間でメジャー5勝を挙げたツェン・ヤニ(台湾)だが、米ツアーではここ2年優勝がない。それどころか、トップ10入りすら昨年はわずかに2回、13年も4回だけで、現在の世界ランクは90位まで下げている。

先週の「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」でも、「79」「82」と無残な予選落ちに終わっている。ところが、わずか一週間後の「ホンダLPGAタイランド」初日に7バーディ、1ボギーの「66」で回って首位発進だ。

台湾と地理的に近いからだろうか。ここでは、「加油!(じゃーよぅ/頑張れ!)」という中国語の声援が多く響く。今大会には09年から6度出場して優勝2回(11年と12年)、その他の4大会でも7位を外したことがない。今週も“当然のごとく?”首位に立った。

プラカードを掲げ、熱心に声援を送るツェン プラカードを掲げ、熱心に声援を送るツェン・ヤニのファンたち

今年から、コーチもトレーナーもキャディも変えたというヤニ。コーチはあのブッチ・ハーモンの息子であるクロウド・ハーモン。「彼らは私をリラックスさせてくれるし、自分を信じさせてくれる。スイングは良いから、精神的に強くなることが必要。メンタルトレーニングもして、今はどんどん良くなっている」。久しぶりに満面のヤニ・スマイルを見た気がする。

同組で回ったタイの19歳、アリヤ・ジュタヌガンの影響も大きかった。恐れを知らないルーキーは、恵まれた体格を生かしてドライバーを振り回し、ヤニよりも遠くへ飛ばす。「彼女のプレーを見ていると、自分が若かったときのプレーを思いだす。ただクラブを握って、打つ。何の心配もしていない。ゴルフは本来そうあるべき。彼女から学んだわ」。

3年ぶりの復活優勝へ突き進む。ヤニも気付けば26歳になっている。(タイ・チョンブリ/今岡涼太)

今岡涼太(いまおかりょうた)
1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには植竹希望プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~