ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

アン・シネのいばらの道 韓国ツアーが海外出場の制限を強化

2019/03/31 16:34


◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 2日目(30日)◇UMKCC(宮崎県)◇6525yd(パー72)

主催者推薦で今季初出場したアン・シネ(韓国)は通算2オーバーで予選落ちし、最終日の決勝ラウンドに進めなかった。韓国ツアー(KLPGA)のシード権を失う覚悟で臨む日本ツアーだが、こちらも出場機会は限られ、いばらの道が続く。

2015年に韓国ツアーのメジャー大会「KLPGA選手権」を制覇して得た同ツアーのシード権は、今年で切れる。さらにKLPGAが海外の試合への出場に関する制限の強化を打ち出したことが、苦境に追い打ちをかける。

韓国ツアーに詳しい関係者によると、2019年シーズンからシード選手が同ツアーを欠場して海外ツアーに出場できる回数は3回までとされ、4回目からは違反行為として最高1億ウォン(約1000万円)の罰金を科せられる。

メジャー大会への出場義務も課せられ、海外の試合を優先した場合は10試合の出場停止となる。背景には「強い選手や人気のある選手が海外に出てしまえば、ツアー自体の人気が下がり試合数が減少する」との考えがあるという。

賞金ランキングを維持するための出場義務試合数もあり、アンは「今季は(全29試合中)9試合以上出ないといけない」と説明する一方、実情としては「9試合も出ない」と来季のシード権喪失をすでに織り込む。

ただ、日本ツアーについても今季の出場資格は昨年末のQT(予選会)51位に基づき、優先順位は高くない。次週の「ヤマハレディースオープン葛城」(4月4日~、静岡・葛城GC)もエントリー選手の欠場枠をにらんでウェーティングの申請をしているが、出場できるかどうかは未定だ。(宮崎県宮崎市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。