ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

分解して“向き”をそろえる 道具にこだわる父と蛭田みな美の契約フリー

2019/03/28 20:27


◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 事前情報(28日)◇UMKCC(宮崎県)◇6525yd(パー72)

ドライバーとボールを除いて用具契約フリーの蛭田みな美。父の宏さんはクラブを分解し、組み立て直して調整するこだわりを持つ。福島県の自宅に設けた工房は、クラブカスタム用の道具であふれている。

分解する理由は複数あるが、その一つはシャフトの『スパイン』の調整だ。スパインとはカーボンシャフトの製造過程でできる、カーボンシートの巻き初めと巻き終わりが重なる部分。ほかの部分より硬く仕上がる。

あるシャフトメーカーの担当者は「微妙な硬さの差ができる。カーボンシャフトだけではなく、作り方の異なるスチールシャフトでも、硬さに本当にわずかに差があるときがある」と指摘する。

宏さんが重視するのはシャフトをヘッドに挿したとき、すべてのクラブでスパインが同じ向きに位置することだ。各メーカーは自社製品のスパインの方向を統一するのが一般的。ただ、蛭田はクラブ契約するブリヂストンスポーツの1Wのほか、タイトリストの3W、5W、7W、ピンのアイアンなどを組み合わせており、メーカーごとにスパインの向きは異なるという。

宏さんの道具へのこだわりは、車の整備不足で死亡事故を招くこともある趣味のラリー競技から増した。「(スパイン調整は)切り返しの感覚などに非常に関わる。7万円ほどする器具を買って、自宅で全部調整しています」と述べる。蛭田は「クラブをいじるといじらないでは、球の散り方は違うと思う」と話した。

契約フリーの場合、各メーカーから用具提供も受けられるが、すべての希望がかなうわけでない。アイアンは現在、ピンに提供されたものを使っているが、昨年はアイアンを自腹で4セット購入した。「結局合わなくて」と売却したが、分解して調整しているため、買い取り価格は低くなるという。

クラブ契約を結べば契約金を得られるなどのメリットもあるが、宏さんは「魅力的ですよ。でも、ゴルフは道具を扱うスポーツ。そこの投資は惜しみたくない」と強調した。(宮崎県宮崎市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。