ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

スポット参戦のトンプソンが見た「日本女子ツアー」は?

大会初日のギャラリー数としては国内女子ツアー史上最多を更新する10958人が来場した今年の「ワールドレディスサロンパス杯」。米国からスポット参戦のレクシー・トンプソンは、「木曜日からこんなにたくさんのギャラリーが来てくれるのは嬉しい」と目を輝かせて語った。

「世界一」といわれる米国女子ツアーを主戦場とする選手から見て、日本女子ツアーのメジャー大会は、一体どのように映っているのだろう?

まず、ギャラリーについて。男子のPGAツアーが圧倒的な人気を誇る米国では、女子の試合にあまり多くのギャラリーは来場しない事実がある。トンプソンはこれに加え、「日本のギャラリーは世界で一番礼儀正しいし、マナーが良い人ばかり」と、その観戦マナーにも最上級の賛辞を送る。「素晴らしいファンの前でプレーできるのは、とても楽しみ」だといい、この日、最終9番をイーグルで締めた際、ひときわ大きな歓声と拍手が送られると、嬉しそうに笑顔を返していた。

プロ転向以来米ツアーを主戦場とする宮里美香も、「こういう雰囲気でできるのは幸せ」と会場の雰囲気を喜び、帰国参戦する理由のひとつにしている。

また、トンプソンはコースコンディションについても、「非常によく手入れがされていて、グリーンも速くて、素晴らしい」と手放しで絶賛している。彼女のキャディを務めるベンジー・トンプソン氏(注:レクシーの血縁ではない)は、こう補足する。

「全米女子オープンはもう少しラフが長くて、フェアウェイが狭いけど、距離はだいたい同じくらいだし、グリーンの転がり方は本当に素晴らしい。メジャーらしい素晴らしいコンディションだね」。

ベンジー氏は選手のレベルについても、「今、トップが4アンダーだけど、もしかしたらLPGAでは6とか7アンダーを出す選手がいるかも知れない。でも、だいたい似たようなレベルだと思う」と、ロープ内からの感想を語った。

火曜日に日本に着いて、そのまま前夜祭から大会イベントに突入したトンプソンは、「少し疲れています」と、ちょっぴり苦笑いを浮かべたが、「でも大丈夫」とすぐに笑顔を取り戻した。

コース、選手、ギャラリーに加えて、食事にも恵まれている国内女子ツアー。もっと積極的に海外選手にアピールしても良いのでは?(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。