ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

国産飛ばし屋・渡邉彩香が脱帽…トンプソンとの飛距離差は?

国内女子メジャー初戦「ワールドレディスサロンパス杯」では、毎年ドライビングディスタンスが計測されている。今年の計測ホールは9番と10番の2ホール。初日の平均飛距離1位は、米国ツアーからスポット参戦しているレクシー・トンプソンの287.5ydだった。

全計測中、ただ1人だけ300yd(9番)を記録するなど、米女子ツアーでも平均飛距離1位につけるトンプソンは、2位の渡邉彩香に12yd(275.5yd)をつけてぶっちぎり。渡邉も「全然、かないません。1番ホールでは1ydくらい後ろにいたけど、あとは20ydくらい後ろにいたので」とただただ脱帽するばかりだった。

上位10人は以下の通り。

順位選手名平均飛距離(yds)
1L.トンプソン287.5
2渡邉彩香275.5
3パク・ソンヒョン269.0
4イ・ボミ267.5
5キム・ハヌル267.0
6森田理香子265.5
7穴井詩264.0
8上田桃子263.0
8笠りつ子263.0
10山田成美256.0
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!