ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

「悔いの無いように」 上原、米ツアー挑戦への気概

先週、米国フロリダ州のプランテーションG&CCで開催された米ツアーのセカンドQT。40位タイで突破した有村智恵とともに上原彩子も57位タイでフィニッシュし、通過ラインとなる70位タイ以内に食い込んで11月のファイナルQT進出を決めた。

「昔から、海外ツアーに行きたい気持ちはあった」という上原。今になってその背中を後押ししたのは、今年12月に30歳を迎える年齢的な理由が大きかったという。「残りのゴルフ人生を考えると、チャンスはそれほどないと思っていた。向こうに行くことでゴルフの経験値も上がると思うし、(海外)メジャーにも出てみたい。残りのゴルフ人生で、悔いの無いようにしたかった」。海外でさらなる高みを目指す有村とは、また違った気概。普段と変わらない穏やかな口調ながら、その決意のほどがひしひしと伝わってくる。

4日間競技の初日は2オーバーと大きく出遅れ。有村と同様に、米国特有のバミューダ芝の対応に苦しんだという。沖縄育ちの上原は、こちらも粘りの強い高麗芝に慣れ親しんでいるものの、「似ているとは思うけど、その差は大きかった」と、微妙な感覚のズレに対応が追いつかない。それでも「これで落ちたら次は無い」と2日目に54位タイと巻き返し、ファイナル進出へと繋ぐ道を切り開いた。

今週の「富士通レディース」初日は、ノーバーディ、5ボギーと見せ場を作れないまま91位タイで終了。「状況判断が悪くてスコアを作れなかった」と出遅れの理由を口にした。帰国から間もない中でのツアー参戦、疲れや時差ボケの影響も少なからずあるのではないか。しかし、上原はその問いかけに「ぜんぜんありません。大丈夫です」と、頑なとも思えるように否定をする。

その時、記憶に蘇ったことが1つ。本人が「日本女子オープン」の会見場で両手首を痛めていたことを口にした後なので明かすが、6月の「日医工女子オープン」において「ヨネックスレディス」を欠場した理由を聞いたところ、上原は手首痛について触れていた。しかし本人からは「たいしたことないし、書かないでくださいね」と強く念を押されていた。小柄な体の中に秘められた、自身を厳しく律する強い意志。ある意味、ゴルフに対してものすごくストイックに臨んでいる上原の一面が感じられる。30歳を目前にして挑む米ツアー挑戦もまた、その延長線上にあるのかもしれない。そう連想させられる、上原との会話だった。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2012年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。