ニュース

国内女子日医工女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

注目のルーキーたち 今週はホステスプロが上位に

今季開幕戦でツアー初勝利を遂げた斉藤愛璃、ステップアップツアー1勝の堀奈津佳のほか、豊永志帆工藤遥加青木瀬令奈ら、早くも存在感を発揮している83期生のルーキーたち。今週開催の「日医工女子オープンゴルフトーナメント」初日に1アンダーの19位タイと、上々のスタートを切った高島早百合もその1人。そして、主催する日医工と契約を交わすホステスプロだ。

高島が所属する小松CCと、今週の会場である八尾CCのコース管理者が同じという縁から始まり、まだ実績の無いルーキーながら、日医工からバックアップを受け始めたのが昨年の秋口。今年4月に、晴れて正式にスポンサー契約を結んだ。

昨年9月ごろから、八尾CCは高島に練習の場を提供。「大会ティを使って練習ラウンドをさせてもらっていました。攻め方も、だいたい決まっていますね」と、今や隅々まで知り尽くすホームコースでアンダーパーをマークし、まずはホステスプロの面目躍如といったところだろう。「ホステスであることをプレッシャーに感じず、いっぱい応援してくれる人たちのために頑張ろうと。みんなが見ているところで楽しもうと思ってラウンドしていました」。

昨年のプロテスト合格後からこれまで4試合に出場し、すべて予選落ちに終わっている高島。同期たちの活躍に対しては「刺激になっているし、追いついて、追い抜けるように頑張りたい」と闘志を燃やす。満を持して臨むホームコースでの一戦を、そのための足がかりとすることができるか。注目の83期生がまた1人、サプライズへの準備を着々と整えている。(富山県富山市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2012年 日医工女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。