ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

熱烈歓迎、海外選手?

今季国内女子メジャー初戦の「ワールドレディスサロンパス杯」。土曜日になってようやく晴天に恵まれた茨城ゴルフ倶楽部には、1日のギャラリー数としては大会史上最多となる13,704人が来場し、女子プロたちのハイレベルな熱戦に拍手を送った。

初日のラウンドがキャンセルされ、短期決戦となった今大会。雨の影響でグリーンが軟らかくなり、ハイスコアが続出。しかしよく見ると、6位タイの9人までの中に日本人選手は下川めぐみただ一人。“ワールドレディス”の名の通り、外国勢がリーダーズボードの上の方を占めている。

単独首位のモーガン・プレッセルは、「グリーンの状態がパーフェクト。私が見てきた中でも一番かもしれない」とコースコンディションを褒めちぎる。それは、正しく読んで、狙ったところに打てば、きれいに転がってカップに入るということを意味している。海外のグリーンは芝が生えそろっていなかったり、芽がツンツンしていたりと、なかなか日本のようにスムーズには整備されていない。そんな点も、ストレスなくスコアを伸ばしていける要因の一つなのだろう。

それに、多くの外国選手が口にするのはギャラリーの応援の温かさ。日本人選手だけでなく、アマチュアの招待選手にさえも優しい拍手が送られる。自国選手に活躍してもらいたい気持ちはもちろん誰の胸にもあるだろうが、この点はぜひ我々が誇るべきこと。海外選手にしてみれば、好プレーを阻害する要素の少ない環境と言えるのかもしれない。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2012年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。