ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

アマチュアの比嘉真美子「今の実力は3位ということ」

国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」の初日に3アンダーをマークし首位タイでスタートを切ったアマチュアの比嘉真美子。大会2日目はスコアを伸ばすことが出来なかったが単独3位と踏ん張り、最終日も最終組でラウンドすることになった。

「自分らしいゴルフで、攻める気持ちでスコアを伸ばしたい」と気合いを入れてスタート。その気合いが少し空回りしてしまった。1番はピンの下5mのバーディパットを1mオーバーしてパー。2番はティショットを右に曲げると、4打目のアプローチがピンを2mオーバーしてボギーが先行してしまった。

しかし、攻める気持ちに緩みはなく、6番ではティショットを右のラフに入れるが、2打目でピンをデッドに狙い2mにつけてバーディ。さらに8番もピンの手前4mから強気のパットでバーディを奪った。

後半は1バーディ、2ボギーとスコアを1つ落とし通算3アンダーとなったが、堂々の単独3位フィニッシュ。しかし、アマチュア優勝を狙った比嘉は複雑な表情でクラブハウスに引き上げてきた。

「最終日にスコアを伸ばせないのは、優勝争いできないということで、3位に終わったのが今の自分の実力だと思います。今まで、リーダーズボードで上位選手の名前を見て、優勝を争うイメージだけを持っていましたが、今回初日から優勝争いに加わることができて、良い経験が出来ました」。悔しさを滲ませながらも冷静に心境を語った。

そして次戦は「サロンパスワールドレディス」に出場を予定しているが「これから3週間ありますので、冬にやってきたトレーニングを多めに夏に向けて体をコントロールして、今回見えたアプローチという弱点を克服して挑みたい」と、具体的はテーマを掲げて調整に挑む。

この日最終18番でボギーをたたき、佐伯三貴に逆転優勝を許してしまった申智愛(韓国)は、負けても笑顔で「楽しかった」という言葉は対照的に、口を真一文字に閉じて悔しさを噛みしめる比嘉。今季は3試合に出場し、16位タイ、24位タイ、そして今回が単独3位とプロに混ざっても遜色ない成績を残している。今後、プロ転向することは間違いないと思われるが、強気の攻めに小技など経験が積み重ねられたら、日本を代表する選手に成長するのは間違いない。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。